不倫・離婚


不倫慰謝料

・不倫の相手に慰謝料を請求したいが、自分で直接やり取りはしたくない。
・不倫の相手に慰謝料を請求したが、なかなか支払おうとしない。
・弁護士からいきなり電話で不倫の慰謝料を請求され、対応に困っている。
・不倫の慰謝料を請求するだけではなく、二度と会わないよう約束させたい。

【請求する側】
不倫の相手に慰謝料を請求したくても、誰かにお金の請求をすることに慣れている方は少なく、直接やり取りをするのは精神的に負担となります。弁護士に依頼すれば、相手とやり取りする精神的な負担を軽減できます。
また、慰謝料を請求して、すんなり支払ってくれればいいのですが、なかなか支払おうとしなかったり、連絡が途絶えたりします。そのような場合には、裁判まで意識させ、こちらの本気度を示す必要がありますので、弁護士に任せた方が解決につながります。

【請求された側】
いきなり弁護士から慰謝料を請求されると、それだけでびっくりして、言われるまま支払ってしまう方がいます。しかし、通常認められるよりも大きな金額を請求しているかもしれませんし、こちらにも反論の余地があるかもしれません。ただし、対応を間違えると、SNSで拡散されたり、勤務先にばれたりしますので、弁護士に任せた方が安心です。

離婚

・一緒にやっていけないので離婚したいが、相手が応じてくれない。
・弁護士を介して離婚したいとの連絡が来たが、言われるまま離婚したくない。
・離婚を考えて別居したが、夫が生活費を支払ってくれない。
・離婚はしたいが将来の不安もあるので、夫婦の財産はしっかり分けてもらいたい。

離婚をしたくても話し合いでまとまらない場合には、最終的に裁判が必要になりますので、裁判を意識させながらの話し合いをする必要があります。当人同士では感情が先に立ち、平行線になる場合も多いので、なかなか話が進まないのであれば、弁護士に依頼した方が早く決着します。

また、夫が別居後の生活費を支払わなかったり、離婚時の財産分与を渋ったりすることもありますが、お金や財産の請求には専門的な知識や判断が必要ですし、裁判を意識させながらの話し合いが必要な場合も多いので、弁護士に任せた方が安心です。

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。