【必見】遺留分請求で絶対後悔したくないあなたへ|無料相談


相続弁護士からのご挨拶

ゲートウェイ東京法律事務所の代表弁護士の髙橋と申します。

ご依頼の9割以上が相続に関する案件で、特に遺産分割、遺留分請求、使い込み問題に力を入れている「相続に特化した弁護士」です。

今回は、

遺留分の請求で絶対後悔したくない人

に向けたお話になります。

もめないことが一番大事な人であれば、ここから先のお話には価値がありません。申し訳ありません。

しかし逆に、遺留分の請求で絶対後悔したくない人であれば、これを知っておくだけで全く違います。しかも、誰でもできるカンタンな方法です。

あなたの相続、「やばい」ことになっていませんか?

亡くなった父は遺言書を残していましたが、私には何も相続させない内容でした。

確かに、父とは折り合いが悪く、もっぱら兄夫婦が父の面倒を見ていました。それでも、私にも遺留分はあるわけですから、兄に遺留分を請求しました。しかし、過去の経緯もあり、話し合いに応じてもらえません。

遺留分は法律上の権利だと聞きましたので、話し合いを一方的に拒否されるのは納得できません。でも、これからどうすれば…

亡くなった母は遺言書を残しており、私にも預金を相続させるという内容が書いてありました。でも、預金がやけに少ない…


銀行で取引明細書を3年分取り寄せたら、ATMで50万円ずつ何度も引き出されていて、1000万円以上預金が減っていました。

兄に確認しても、生活費や介護費だ、母の了解は得ていたというだけで、詳しいことが何も分かりません。そして、何事もなかったかのように、減ってしまった預金だけを分配しようとしています。

私の相続分を減らすためにわざと引き出したのかもしれませんし、何よりも、ごまかされたまま相続を終わらせるのは納得できません。でも、これからどうすれば…

もしこのような状態であれば、あなたの相続は「やばい」ことになっています。

話し合いは平行線になり、そのまま押し切られるか、一方的な妥協を強いられることになるでしょう。

遺留分請求で絶対後悔しないための方法は?

では、遺留分の請求で絶対後悔したくないあなたはどうすればいいのでしょうか?

自分で調べて遺留分のことは分かったけれど、知識ばかりでどうしたらいいのかはよく分からない。バシッと教えて欲しい。このような思いではないでしょうか?

バシッと教えます。

答えはカンタン、

遺留分を支払ってもらうまで諦めない

ことです。

ご存じのとおり、遺留分は相続人に認められた法律的な権利です。
遺留分に満たないのであれば、よほどのことがない限り遺留分を請求できます。
つまり、諦めさえしなければ、納得できる結果につながるチャンスは残ります。

しかし、諦めてしまえば、遺留分の請求はそれで試合終了。
たとえ支払ってもらったとしても、一方的な妥協を強いられます。
向こうの粘り勝ちです。

そんなこと分かっているよと思うかもしれません。
しかし、遺留分という法的な権利を主張できることと、遺留分を満額あなたの口座に振り込んでくれることとの間には、天と地ほどの差があります。多くの人が、よく分からないまま、納得できないまま、結局、ある程度の金額で我慢してしまいます。

遺留分を請求するあなたが悪いわけではありません。
感情に任せて拒否したり、納得できる説明をせず、ごまかそうとしたりする向こうが悪いのです。

遺留分の金額に納得できないのであれば、一方的に妥協する必要はありません。
向こうもまともに対応せざるを得なくなり、話し合いが進むかもしれません。

逆に、それでも向こうは変わらないかもしれません。
変わることを保証できるわけではありません。
しかし、言うべきことを言わなければ、向こうが変わる可能性はゼロです。

将来後悔する可能性があるのであれば、その未来を変えられるのは今のあなたしかいません。

主導権を変える!遺留分請求の重要ポイント

納得できなければ遺留分の請求を諦める必要はないことは分かった。
でも、それだけでは何も進まないのでは?と思うかもしれません。

もちろん、難しい法律の話をするのであれば、弁護士の力が必要です。
しかし、遺留分請求の重要ポイントを分かっておけば、一般の方でもある程度の対応は可能です。

・仲が悪かったとしても遺留分は請求できる。

・不動産の評価は時価。固定資産税評価額や相続税評価額でなくてもいい。

・過去の預金引出しは、銀行から取引明細書を取得すれば分かる。

・向こうが生前にお金をもらっていれば、その分遺留分が増える。

・あなたが生前にお金をもらっていたとしても、遺留分が減るとは限らない。

・寄与分で遺留分を減らすことはできない

・遺留分の支払が遅れれば、遅延損害金もセットで請求できる。

・預金の管理を任されていたからといって、何でも許されるわけではない。

このような遺留分請求の重要ポイントを知っているだけで、向こう主導の遺留分請求を変えることができます。そして、それが後悔しない相続につながります。

請求期限(時効)は何とかなります

あなたが心配なことが一つあるとすれば、おそらく「遺留分の請求期限」かと思います。

遺留分の請求は、遺留分が侵害されていることを知ってから1年以内にする必要があります。

しかし、1年以内にするのは「請求」です。「支払い」ではありません。
請求自体を内容証明郵便でしておけば、多少話し合いが長引いたとしても、そこまで時効の心配をしなくても大丈夫です。

弁護士に相談するタイミングは?

向こうがあなたの言い分を無視し続けるのであれば、あなたの相続は「まずい」ことになっています。そろそろ弁護士にご相談ください。電話・オンラインでのご相談は無料です。

向こうに弁護士がついたときは、勝てそうな相手だと思ったら、自分で頑張ってみるのもいいかもしれません。しかし、勝てなさそうだと思ったら、負ける前に弁護士にご相談ください。

調停が進んでからだと盛り返すのが結構大変ですので、話し合いが平行線になったらそろそろタイミングかと思います。

【無料】遺留分のことが分かる遺留分専門ページ

遺留分の専門ページで、遺留分の計算方法など遺留分の請求に必要な情報を発信しています。

向こうとやり合うための知識をもっと身に着けたいという人は、

遺留分相談ルーム

をご参照ください。もちろん、全て無料で提供しています。

あなたが形だけの円満相続で後悔せず、後悔しない「普通の相続」を実現することを祈っています。

もし話し合いの進め方で悩むことがあれば、遠慮なくご相談ください。一緒に解決策を考えましょう。


東京・品川の相続弁護士

スッキリしない相続ではなく、キッチリした「普通の相続」にしませんか?

ゲートウェイ東京法律事務所は、遺産相続に特化した弁護士事務所です。そのため、ご依頼の9割以上が相続に関わる案件となっています。
遠方の方や外出しづらい方の相続問題にも対応するため、電話相談・オンライン相談を無料で行っています。相談希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

相談予約の方法や弁護士費用などの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。