相続問題
CATEGORY

相続問題

  • 2020年7月11日
  • 2020年10月13日

法務局における自筆証書遺言書保管制度と費用

2020年7月10日、法務局で遺言書を保管する新しい制度がスタートしました。手書きの遺言書を法務局で保管しますので、遺言書の保管という面では、公証役場を利用する必要がなくなります。 今回は、新しくスタートした「法務局における自筆証書遺言書保管制度」を解説します。 法務局における自筆証書遺言書保管制度とは何か 遺言書は、大きく分けて公正証書遺言(公証役場で作成する遺言書)と自筆証書遺言(手書きの遺言 […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年10月13日

遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システム

遺言書がある場合、遺言書に従って遺産を分けるのが原則です。そのため、相続が開始したら、遺産分割の話し合いをする前に、遺言書の有無を調査・確認する必要があります。 今回は、遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システムについてお話しします。 遺産分割の前にまずは遺言書を探す 相続が始まると、遺産の分け方を決める必要があります。これを遺産分割といいます。しかし、遺言書で分け方が決まっている遺産につ […]

  • 2020年4月7日
  • 2020年10月11日

「公平な相続」を実現するたった3つの心得

相続が開始すると、時には、事前に準備しておいた遺産分割協議書をその場の流れでサインさせようとしたり、いきなり郵便で送りつけてサインさせようとしたりする相続人が出てきます。 深く考えずにそのまま遺産分割協議書にサインしてしまうと、実はすごくバランスの悪い分け方で、公平な相続が実現できないということもあります。 今回は、「公平な相続」を実現する3つの心得についてお話しします。 心得1:いきなり送られて […]

  • 2020年4月6日
  • 2020年10月11日

「争族」を避ける!円満な相続を実現する3つの方法

相続は「争族」と呼ばれ、弁護士の取扱業務の中でも揉めやすい案件の典型ですが、どのようにすれば相続争いを回避したり緩和したりすることができるでしょうか。 単純に感情だけのせいにすると、声の大きい相続人をなだめ、面倒を避けるために妥協するしか方法がなくなります。面倒を避けるのも一つのやり方と言えばやり方ですが、後で後悔したり、将来の火種として残ったりしますので、面倒を避けるだけでは本当の円満な相続には […]

  • 2020年4月6日
  • 2020年10月11日

「公平な相続」を実現する遺産相続の流れと手続

相続が始まると、多くの煩雑な手続を行わなければなりません。短い期限が決まっている手続もありますので、勢い相続手続の方に目が行きがちです。 しかし、ただの手続と誤解し、流れ作業で遺産分割協議書にサインしてしまったため、後で後悔するケースもよく聞きます。後で後悔しない公平な相続を実現するためには、煩雑な相続手続に流されず、しっかりと法律の仕組みを把握しておく必要があります。 今回は、「公平な相続」を実 […]

  • 2020年4月5日
  • 2020年10月18日

遺産相続を法律どおりに行うための3つのポイント

相続は、大きく分けると、①遺産の分け方=遺産分割②預貯金の解約や不動産の名義変更など=遺産整理③相続税の支払い=相続税申告があります。 もっとも、①遺産分割→遺産をどのように分けるかという「中身の問題」②遺産整理③相続税申告→遺産分割の内容に従って行う「手続の問題」です。 この中身と手続に関して、遺産相続を法律どおりに行うための3つのポイントがあります。以下、その3つのポイントについてお話しします […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。