相続弁護士コラム
CATEGORY

相続弁護士コラム

東京相続法律事務所の相続専門コラムです。相続問題を取り扱う中で思うこと、気付いたことなどについて、相続弁護士が詳しく解説します。
  • 2022年1月3日
  • 2022年1月16日

遺留分請求で後悔しないたった一つの方法

あなたの相続、「やばい」ことになっていませんか? 亡くなった父は遺言書を残していましたが、私には何も相続させない内容でした。 確かに、父とは折り合いが悪く、もっぱら兄夫婦が父の面倒を見ていました。それでも、私にも遺留分はあるわけですから、兄に遺留分を請求しました。しかし、過去の経緯もあり、話し合いに応じてもらえません。 遺留分は法律上の権利だと聞きましたので、話し合いを一方的に拒否されるのは納得で […]

  • 2022年1月3日
  • 2022年1月16日

遺産分割で後悔しないたった一つの方法

あなたの相続、「やばい」ことになっていませんか? 父が亡くなり、兄が相続の手続を色々やっていました。 数か月して、いきなり遺産分割協議書が届き、しかも兄の相続分がやけに多い内容だったので驚きました。兄に文句を言っても、自分は長男だからとか、親の世話を色々やっていたからと言うだけで、それ以上話が進みません。そのうち、相続税の申告期限に間に合わなくなるから、早くサインするよう急かすようになってきました […]

  • 2020年12月27日
  • 2022年1月12日

相続の「使途不明金」問題をうまく解決する方法と心構え

使途不明金・使い込み問題が長引く原因 相続は長引くと言われますが、使途不明金・使い込み問題はそれに拍車をかける典型的な争点の一つです。 解決を長引かせる原因は様々ですが、一般化できる原因としては、以下のことがあげられます。 1.肝心の人が亡くなっているため、真相が必ずしも分からない 被相続人の預金を引き出す理由は、日常的な生活費や介護費はもちろんのこと、旅行、冠婚葬祭、親族へのこづかい、家具の購入 […]

  • 2020年7月11日
  • 2022年1月5日

法務局における自筆証書遺言書保管制度と費用

2020年7月10日、法務局で遺言書を保管する新しい制度がスタートしました。手書きの遺言書を法務局で保管しますので、遺言書の保管という面では、公証役場を利用する必要がなくなります。 今回は、新しくスタートした「法務局における自筆証書遺言書保管制度」を解説します。 法務局における自筆証書遺言書保管制度とは何か 遺言書は、大きく分けて公正証書遺言(公証役場で作成する遺言書)と自筆証書遺言(手書きの遺言 […]

  • 2020年5月25日
  • 2022年1月5日

遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システム

遺言書がある場合、遺言書に従って遺産を分けるのが原則です。そのため、相続が開始したら、遺産分割の話し合いをする前に、遺言書の有無を調査・確認する必要があります。 今回は、遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システムについてお話しします。 遺産分割の前にまずは遺言書を探す 相続が始まると、遺産の分け方を決める必要があります。これを遺産分割といいます。しかし、遺言書で分け方が決まっている遺産につ […]

  • 2020年5月13日
  • 2022年1月5日

いらない不動産の共有持分をお金に変える方法

不動産を共有(共同所有)しているとき、その不動産を使っているのが共同所有者のうちの一人だけであれば、他の共同所有者にとってはあまり意味のない財産です。その上、相続時には無駄に相続税がかかりますし、固定資産税等は共同所有しているだけで連帯納付義務を負います。 このように、いわば「負の遺産」にもなってしまう共有持分ですが、実は、お金に変える方法があります。今回は、いらない不動産の共有持分をお金に変える […]

  • 2020年4月7日
  • 2022年1月9日

「形だけの円満相続」で失敗しないための3つのポイント

円満相続の落とし穴 相続が始まると、時には、事前に用意しておいた遺産分割協議書をその場の流れでサインさせようとしたり、いきなり郵便で送りつけてサインさせようとしたりする相続人が出てきます。 そのままサインすれば、当然、もめることはありません。しかし、そのような円満相続はハッピーでしょうか。 その遺産分割協議書の内容が不公平だったら?もめはしませんが、みんながハッピーでしょうか?ハッピーなのは、サイ […]

  • 2020年4月6日
  • 2022年1月9日

争族を避け、本当の円満相続を実現する3つの方法

ポイント1:決めつけるのは最後の最後 1つ目のポイントは、「決めつけるのは最後の最後」です。 相続の大きな特徴は、肝心の人が亡くなっているため、正確な事実関係がよく分からないことです。そして、よく分からないことは、憶測で決めつけてしまいがちです。 しかし、憶測で決めつけてしまうと、当然、相手の感情を害する可能性があります。冷静な話ができなくなると、たとえ法律のルールであっても素直に受け入れられず、 […]

  • 2020年4月6日
  • 2022年1月9日

相続で失敗しないための遺産相続の流れと手続

フェーズ0:「公平な相続」を実現するために 「公平な相続」を実現するためには、相続の流れとやるべきことを正しく把握しておく必要があります。もっとも、専門家のように、細かいところまで理解していなくても大丈夫です。ポイントを絞って把握するだけでも、「公平な相続」に近づくことができます。 以下は一つのモデルケースですが、ポイントを押さえておくだけでも役に立ちます。 フェーズ1:「相続承認」リスクへの対応 […]

  • 2020年4月5日
  • 2022年1月14日

相続を「本当に」法律どおりに行うための3つのポイント

ポイント1:相続は手続ではなく中身が主役! 1つ目のポイントは、「相続は手続ではなく中身が主役」です。 たしかに、相続は手続が多くて大変です。目の前の手続を進めるだけで手一杯になってしまうでしょう。 しかし、預金や株式の名義変更も、相続税の申告も、相続登記も、本来、遺産の分け方が決まってから、決まった分け方に従って行います。つまり、相続の主役は、あくまでも遺産の分け方という中身です。 そんなこと分 […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から1営業日以内にご連絡いたします。