CATEGORY

遺産分割

  • 2020年9月23日
  • 2020年10月13日

親の介護・看護などの貢献が寄与分になる条件は?

遺産分割の話し合いをしていますが、他の兄弟は法定相続分で分けることを希望しています。しかし、私はずっと家業を手伝ってきましたし、介護もしていましたので、多くもらうのが当然だと思います。「特別の寄与」が必要とのことですが、介護なども含まれるのでしょうか。 寄与分で相続分を増やすには「特別の寄与」が必要 相続人が被相続人(亡くなった人)の財産の増加・維持に貢献した場合、法定相続分が修正され、相続分が増 […]

  • 2020年9月22日
  • 2020年9月21日

「寄与分」を主張して相続分を増やす方法は?

父が亡くなり、兄弟で遺産分割の話し合いをしています。他の兄弟は法定相続分で分けることを希望していますが、私はずっと父の介護をしてきたので、多くもらうのが当然だと思います。寄与分というものをよく聞きますが、どうやって相続分を増やすのでしょうか。 法定相続分は「法律どおりの分け方」ではない 遺産分割の話し合いで、法律どおりの分け方で分けたいという希望が出ることがよくあります。大抵、ここでいう「法律どお […]

  • 2020年9月21日
  • 2020年10月13日

相続で凍結された預金口座から払い戻す方法は?

夫が亡くなり、預金口座が凍結されましたが、手元にはあまり生活費が残っていません。ところが、相続人の一人が相続手続の書類にサインしてくれず、預金の払い戻しができない状態です。凍結された預金口座からお金を払い戻す方法はありますか。 被相続人名義の預金口座は勝手に引き出せない 相続が開始すると、被相続人名義の預金は相続人同士で共有する(最大決平成28年12月19日)ことになりますので、相続人の一人が勝手 […]

  • 2020年9月20日
  • 2020年9月20日

「持ち戻し免除の意思表示」が認められるのはどのような場合?

父が残した遺言書があり、遺産の一部を私に相続させるという内容でした。残りの遺産は遺産分割をする必要がありますが、他の兄弟から、遺言でもらった分は「特別受益」だと言われています。特別受益の「持戻し免除」という制度があると聞きましたが、どのような制度でしょうか。 特別受益は持ち戻されない場合がある 被相続人(亡くなった人)から遺贈や生前贈与を受けた場合、残った遺産を法定相続分で単純に分けるのではなく、 […]

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月6日

特別受益者になるのは誰?孫や代襲相続人の場合は?

先日、祖父が亡くなりました。相続人である父は既に亡くなっていますので、私が代襲相続人になります。マンション購入の際、祖父から1000万円を援助してもらったことがありますが、代襲相続人である私が受けた生前贈与も特別受益になるのでしょうか。 特別受益者になるのは共同相続人のみ 他の相続人の中に、被相続人(亡くなった人)から生前贈与を受けている人がいた場合、同じ相続分を受けると不公平になります。相続分の […]

  • 2020年8月30日
  • 2020年9月6日

代襲相続の範囲はどこまで?兄弟や養子の場合は?

叔父が亡くなりましたが、独身で子供もおらず、兄弟が相続人になります。妹である私の母は相続放棄をしましたが、私も相続放棄する必要があるのでしょうか。 代襲相続とは? 親が亡くなると、子が相続人となります(民法887条1項)。しかし、子が親よりも先に亡くなったり、相続欠格や廃除により相続権を失ったりした場合、相続開始時、その子は相続人ではないことになります。本来その子が相続するはずだった相続分が宙に浮 […]

  • 2020年8月10日
  • 2020年9月6日

相続不動産を「代償分割」する場合の注意点は?

父が亡くなりましたが、遺言書はありませんでした。その後、長男が依頼していた税理士から遺産分割協議書が届きましたが、長男が不動産を相続する代わりに、私にはお金を渡すという内容でした。このままサインしても大丈夫でしょうか。 遺産分割の方法は4種類ある 親が亡くなったが遺言書がなかった場合、相続人同士で遺産の分け方を決める必要があります。遺産の分け方を決めることを「遺産分割」といいます。 遺産分割の方法 […]

  • 2020年8月10日
  • 2020年9月27日

遺産分割で同族株式はどのように評価する?

同族株式の評価方法は複数ある 同族会社は非上場であることがほとんどで、上場株式とは異なり、株式市場で取引されていません。非上場株式は、市場価格で株式を評価できませんので、別の方法で評価することになります。 一般的に、非上場株式の評価方法は複数あり、代表的なものは以下になります。 ①会社の純資産に着目した評価方法②会社の収益性に着目した評価方法③類似した上場企業との比較に着目した評価方法④税務申告の […]

  • 2020年8月9日
  • 2020年10月12日

遺産分割で相続不動産はどのように評価する?

他の兄弟から財産目録が送られてきましたが、相続不動産の評価額が正しいのか分かりません。税理士さんが作ったんだからと言っていますが、相続税申告の評価額を遺産分割でも使うものなのでしょうか。 遺産分割において相続不動産の評価は極めて重要 相続財産に不動産があったとして、共有(共同所有)にしたり、売却して売却金を分配したりする場合には、遺産分割において評価額は問題になりません(売却金額の目安程度です)。 […]

  • 2020年8月9日
  • 2020年10月14日

特別受益になる贈与とならない贈与の判断基準は?

先日、父が亡くなりました。生活費を援助してもらっていた時期があり、他の兄弟から「特別受益」だと言われています。生活費の援助は特別受益になり、相続分が減ってしまうのでしょうか。また、死亡保険も受け取っていますが、これも特別受益になるのでしょうか。 全ての贈与・援助が特別受益になるわけではない 被相続人(亡くなった人)からもらった贈与・援助が特別受益になるのであれば、法定相続分を修正します。つまり、単 […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。