CATEGORY

弁護士が答える相続問題Q&A

  • 2020年8月10日
  • 2021年4月3日

介護をしていた兄弟の「遺産の使い込み」を調べる方法

母は、生前、預金を管理していた兄が勝手にお金を引き出しているようだと話していました。そのため、母の死後、通帳を見せるよう兄に求めましたが、見せようとしません。本当に使い込みをしていたのか調べたいので、やり方をわかりやすく教えてください。 ①預金の取引明細書を取得し、預金引出しを一つ一つ確認するのが先決です。 ②預金引出し=使い込みではありませんので要注意。 ③医療・介護記録で当時の生活状況や認知症 […]

  • 2020年8月10日
  • 2021年4月2日

相続不動産の「代償分割」で損しない代償金の決め方

兄が依頼していた税理士から遺産分割協議書が届きました。兄が不動産を相続する代わりに、私にはお金を渡すという内容でした。損したくないので、代償金の正しい決め方をわかりやすく教えてください。 ①代償分割で損しないためには、相続不動産を正しく評価する必要があります。②遺産分割と相続税申告では、不動産の評価方法が違います。 ③相続税申告は主に路線価で評価しますが、遺産分割は時価評価です。 ゲートウェイ東京 […]

  • 2020年8月10日
  • 2020年9月27日

遺産分割で同族株式はどのように評価する?

同族株式の評価方法は複数ある 同族会社は非上場であることがほとんどで、上場株式とは異なり、株式市場で取引されていません。非上場株式は、市場価格で株式を評価できませんので、別の方法で評価することになります。 一般的に、非上場株式の評価方法は複数あり、代表的なものは以下になります。 ①会社の純資産に着目した評価方法②会社の収益性に着目した評価方法③類似した上場企業との比較に着目した評価方法④税務申告の […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

素人でもカンタンに相続不動産の評価額を計算できる方法

税理士が作ったという財産目録が送られてきましたが、相続不動産の評価額が分かりません。なるべく有利に持って行きたいので、素人でもカンタンに不動産の評価額を計算できる方法をわかりやすく教えてください。 ①遺産分割で税理士の評価額を使う必要はありません。 ②素人でもカンタンに不動産の評価額を計算できる方法はあります。 「固定資産税評価額・路線価を使う方法」と「不動産業者の簡易査定書を使う方法」です。 ゲ […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

特別受益にならない生前贈与だと反論して相続分を維持する方法

相続で、生活費の援助と死亡保険について、他の兄弟から「特別受益」だと言われています。相続分が減るらしいのですが、本当でしょうか。法定相続分で分けたいので、反論する方法をわかりやすく教えてください。 ①生前贈与でも特別受益にならず、相続分を維持できるものがあります。 ②生活費の援助は、扶養の範囲であれば、特別受益になりません。 ③死亡保険は、原則として特別受益になりません。ごく一部のレアケースのみで […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

「特別受益の持ち戻し」で他の兄弟の相続分を減らす方法

父の相続で遺産分割の話し合いをしていますが、兄は法定相続分で分けようと言っています。しかし、兄は、自宅を買う際、父から2000万円をもらっています。不公平なので、兄の相続分を減らす方法をわかりやすく教えてください。 ①「特別受益の持ち戻し」により、自宅の購入代金をもらっている兄の相続分は減るのが原則です。 ②父の「持ち戻し免除の意思表示」があれば、例外的に、兄の相続分は維持されます。 ゲートウェイ […]

  • 2020年8月9日
  • 2020年9月6日

父の相続でもらわなかった分を母の相続で多くもらえるか?

父の相続と母の相続は別問題 父の相続の時、母と長男が多くを相続し、自分はあまりもらわなかったということがあります。遺産の中心が自宅不動産の場合、法律上の相続分にこだわらず、そこに住んでいる母に自宅不動産を相続させることはありそうな話です。 しかし、もし母の相続の時に多くもらうことを期待したならば、それは注意が必要です。父の相続と母の相続は別問題であり、父の相続の時にあまりもらわなかったからといって […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

納得できない遺産分割協議書に理屈で反論する方法

兄に相続の手続を任せていたところ、いきなり税理士から遺産分割協議書が送られてきました。しかし、マンションの評価額が低い気がしますし、兄の生前贈与を考慮しないのは不公平だと思います。このままでは納得できませんので、理屈で反論する方法をわかりやすく教えてください。 ①納得できない遺産分割協議書に対する反論のポイントは、不動産の評価額、生前贈与、寄与分の3つです。 ②遺産分割と相続税申告では、不動産の評 […]

  • 2020年8月9日
  • 2020年9月6日

「遺言書の検認」の申立方法・申立費用・手続の流れは?

父が亡くなり、遺品の整理をしていたら、遺言書と書いてある封筒を見つけました。中身を確認したいのですが、「検認」という手続が必要と聞いたことがあります。どのような手続でしょうか。 手書きの遺言書には「検認手続」が必要 自筆証書遺言とは、被相続人(亡くなった人)が手書きで書いた遺言のことをいいます。 公証役場で作る遺言は公正証書遺言といいますが、大きな違いは、自筆証書遺言の場合、家庭裁判所における「遺 […]

  • 2020年8月9日
  • 2020年9月6日

遺言書を書くメリットは何?書き方と注意点は?

最近、夫が亡くなりましたが、遺言書を書いていなかったので、遺産分割の話し合いをしています。しかし、子供の一人がなかなか納得してくれず、まだまとまりません。自分の相続も同じように揉めるのではないかと心配なので、私は遺言書を書いておこうと思っているのですが、どのようなメリットがあり、どのように書いたらいいのでしょうか。 遺言書を書いておくメリット 相続は、法律で相続の割合が決まっており(法定相続分)、 […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。