預金の使い込み(使途不明金)

使途不明金の問題を「円滑に」解決するためのコツ

預金の使い込み(使途不明金)

被相続人(亡くなった方)の預金口座から多額の引き出しがある場合、誰が何に使ったのかが大きな争点となります。これを使途不明金の問題といいます。

使途不明金の問題は、相続の中でも特に対立が先鋭化しがちで、感情に任せて進めると、相続の解決に何年もかかってしまう繊細な問題です。性質上、円満に解決するのは難しいですが、「円滑に」解決することは可能ですので、以下、使途不明金の問題を無用に長引かせず、円滑に解決するためのコツをお話します。

使途不明金の問題が長引く原因

相続問題は長引くと言われますが、使途不明金の問題はそれに拍車をかける典型的な争点の一つです。解決を長引かせる原因は様々ですが、一般化できる原因としては、以下のことが挙げられます。

1.肝心の人が亡くなっているため、真相が必ずしも分からない

被相続人の預金を引き出す理由は、日常的な生活費や介護費はもちろんのこと、旅行、冠婚葬祭、親族へのこづかい、家具の購入、自宅のリフォーム、手術・入院費など、その人の生活状況や資産状況に応じて様々考えられます。しかし、相続が開始してから遡って解明しようとしても、被相続人に聞くことはできません。事情を知っている相続人が冷静にしっかりとその事情を話さなければ、真相が分からない状態が延々と続き、解決がただ遠のくだけになります。

2.感情がこじれ、双方の認識違いが固定化しやすい

1とも関係しますが、真相が分からない状態が続くと、追及する側は憶測で物事を考えざるを得なくなります。追及する側は疑惑を深めますが、追及される側は疑われていることに怒り、疑惑と怒りの感情がぶつかり合います。双方引くに引けない状態になるため、ただでさえ解明しづらい事実関係の認識違いを埋めることが難しくなります。

3.調停でまとめて解決できるとは限らない

使途不明金の問題を話し合い(調停も含む)で解決する場合、預り金という財産に加えたり、生前贈与(特別受益)で処理したりします。しかし、調停において預り金や生前贈与で処理することを拒否された場合、使途不明金の問題は調停から切り離され、別途訴訟を提起する必要があります。訴状の作成や証拠の整理を一からしなければならず、二度手間になります。

4.裁判所の手続が亀のように遅い

裁判所の手続は、一般の方が想像するよりも遥かに遅いです。まるで亀のようです。通常の相続でも数か月で終わればものすごく早い方で、使途不明金を争点に出せば、年単位は覚悟しなければなりません。

そして、3でも述べたとおり、調停で話がまとまらなければ、別途訴訟を提起する必要がありますので、「亀のレース」を二回も見させられることになります。これに耐えられる柔軟かつ強靭な精神力がないと、心身ともに疲れてしまい、結局当初の提案とあまり変わらない内容で話をまとめることにもなりかねません。

全く話が進まない場合は裁判所を使わざるを得ませんが、なるべく「亀のレース」に頼らずに済むようにしたいところです(裁判を生業にする弁護士が言うのもあれですが)。

使途不明金を「追及する側」のコツ

1.憶測で事実関係を決めつけない

使途不明金を追及する側の相続人は、被相続人の生活圏から離れていた人が多いです。実際には様々な事情があった可能性もあるため、生煮えの状態で追及姿勢になれば、相手の感情を害するのは当然といえます。詳しい事情を知らないのであれば、憶測で決めつけず、まずは事情を教えてもらうというスタンスでいた方が解決に近づきます。

2.重箱の隅を突っつかない

1か月の間に50万円ずつ何度も引き出されている場合がありますが、そのような預金引出しの使い道は限定され、何か特別な理由があったはずです。

しかし、引き出された預金の金額が小さければ小さいほど、様々な使い道が考えられ、説明がつきやすくなります。たとえば、月に1回10万円程度の引出しがあった場合、全部生活費に充てられた可能性は大いにあります。たとえレシートや領収証がなかったとしても、使い道として合理的に説明し得るのであれば、使い込みと捉えるのは困難になります。

細かい引出し現金の行方を証明するのは、川の中に落ちているコインを探すようなものです。説明がつきやすい細かい引出しにまで着目するのは得策ではなく、使い道を説明しづらい大きな引出しに絞る方が円滑な解決につながります。

また、使途不明金を解明する理由は、相続に反映させることです。そのため、預り金、特別受益、損害賠償(ないし不当利得)として「相続に反映できる限りで」行うことが重要です。解明自体を目的にすると、どんどん本筋から離れていく可能性があります。

3.追及と円滑な解決のトレードオフを意識する

使途不明金の追及に前のめりになればなるほど、相手の態度は硬化し、口を閉ざしてしまいますので、円滑な解決は遠のきます。そのような意味において、追及・解明と円滑な解決は両立しがたい「トレードオフ」の関係にあります。

使途不明金の追及・解明を重視するのであれば、訴訟も辞さない気持ちで臨む必要があり、円滑な解決は期待しない方がいいでしょう。逆に、円滑な解決を望むのであれば、ある程度の割り切りとバランス感覚が必要になります。

4.立証責任を正しく理解する

考え方は分かれるところですが、基本的に、使途不明金の証明するのは追及する側です。究極、相手が何も答えない場合、裁判の制度上、追及する側が一から証拠を集め、証明しなければなりません。

しかし、警察や国税とは違いますので、単独で集められる証拠には限りがあります。いかに相手に説明をさせるか、いかに資料を出してもらうかが最も重要です。北風と太陽のようなものですが、北風だけで使途不明金の追及・解明をすることは困難です。

使途不明金を「追及される側」のコツ

1.怒らない

預金を引き出すのは親の世話をしていた相続人であることが多いです。あまり親と関わってこなかった相続人に追及されるのは面白くないでしょう。

しかし、怒りに任せて感情をぶつけても解決にはならず、むしろ調停や訴訟にお付き合いしなければならなくなります。寄与分や特別受益の持ち戻し免除といった別の理屈で不満を解消できる場合もありますので、論点を混同せず、まずは冷静になる必要があります。

2.できる限りの説明をする

追及する側は、預金引出しの詳しい事情を知らずに追及してくる場合が多いです。疑いの目で見られるのは面白くないでしょうが、しっかり説明しないとますます疑惑を深めます。

感情的な対立だけで済むのであればまだいいのですが、相続全体がまとまらず、調停や訴訟にお付き合いしなければならないという「実害」を被ります。裁判という「亀のレース」に巻き込まれること自体、時間と費用と労力の無駄ですので、割り切ってできる限りの説明をした方が自分のためになります。

また、預金の引出しは税務上の問題が生じることがありますので、税務申告との関係でも、安易な説明や処理で済ませない方がいいでしょう。

3.落としどころも意識する

引き出したお金の使い道について、裏付けを保管していないことがあります。預金引出しの金額が小さければ、裏付けがなくても合理的な使い道を説明しやすいですが、金額が大きいと、裏付けなしで説明することは困難になります。

裁判で不利になる可能性がある場合には、裁判という「亀のレース」に巻き込まれる前に、ある程度の落としどころも意識した方がいいでしょう。

使途不明金の問題で最も大事なこと

使途不明金の問題はとても繊細な問題で、預金引出しの真相が分からないまま、泥沼の揉め事に発展することが多いです。使途不明金の問題で最も重要なことは、生前の対応や関わりにより、問題の顕在化を未然に防ぐことといえます。

東京・品川の相続弁護士

電話・ウェブ相談も可能!お気軽にご相談ください。

ゲートウェイ東京法律事務所では、より多くの方のお悩みを解消するため、電話・ウェブ相談を無料で行っております。セカンドオピニオンも可能ですので、お気軽にご相談ください。

相談予約の方法や弁護士費用などの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。