法律どおりの遺産相続

相続を「本当に」法律どおりに行うための3つのポイント

法律どおりの遺産相続

ポイント1:相続は手続ではなく中身が主役!

1つ目のポイントは、相続は手続ではなく中身が主役です。

たしかに、相続は手続が多くて大変です。目の前の手続を進めるだけで手一杯になってしまうでしょう。

しかし、預金や株式の名義変更も、相続税の申告も、相続登記も、本来、遺産の分け方が決まってから、決まった分け方に従って行います。つまり、相続の主役は、あくまでも遺産の分け方という中身です。

そんなこと分かっているよと思われるかもしれません。
しかし、手続再優先で遺産の分け方を決めようとする人がとても多いです。

たとえば、相続税が安くなることを最優先し、不動産の分け方を決めようとするときがあります。
しかし、相続全体の相続税は安くなったとしても、自分の相続税はあまり変わらないかもしれません。
その場合、特定の相続人の相続税が安くなるだけですので、当然、遺産の分け方を優先したいと考える人もいるでしょう。

また、相続税の申告期限に間に合わないという理由で、とにかく遺産分割協議書にサインするよう迫られることがあります。
これは、本当によくあります。
しかし、遺産の分け方に納得していないのに、相続税の申告期限を理由にサインするのは本末転倒です。
とりあえず仮の申告をしておき、正式に決まったら修正すればいいだけの話です。

もう一度言います。

相続は手続ではなく中身が主役

です。

遺産の分け方という中身を決め、決まった分け方に従って手続を行うのが相続です。
手続の便宜を最優先し、納得できない中身にするのは本末転倒です。

しかし、手続の期限ばかりに目が行き、もやもやしたまま相続の書類にサインをする人はかなりいます。
逆に、手続の期限を理由に急かし、自分にとって都合のいい分け方でサインさせようとする「ずるい人」もいます。

相続を法律どおりにやりたいのであれば、主役とわき役を取り違えないことがとても大事です。

ポイント2:亡くなる前の話に要注意!

2つ目のポイントは、亡くなる前の話に要注意!です。

相続の対象となるのは、亡くなったときに残っていた遺産です。
そのため、遺産分割でも遺留分でも、亡くなったときに残っていた遺産だけしか見ない人が多いです。

しかし、たとえば、亡くなる数か月前に、多額の預金が引き出されていたらどうでしょうか?不動産が処分されていたらどうでしょうか?

引き出された預金や不動産の売却金の行方が分かっているのであれば、特に問題はありません。
問題は、お金の行方が分からない場合です。

他の相続人が勝手にとったのであれば、遺産に戻してもらう必要があります。
亡くなった人からもらったのであれば、その分、「特別受益の持ち戻し」で相続分が減るかもしれません。

亡くなったときの遺産だけしか見ずに、亡くなる前の預金の引出しや不動産の売却に気が付かなければ、法律どおりの相続は実現できません。

もう一度言います。

亡くなる前の話に要注意!

です。

相続税申告書の財産目録や残高証明書ですと、基本、亡くなったときの遺産しか分かりません。
通帳や取引明細書で過去の出入金を調べないと、亡くなる前の財産処分を見落としてしまいます。
そこまでやって初めて、法律どおりの相続を実現できるわけです。

ポイント3:法定相続分で分けるのではない!

3つ目のポイントは、法定相続分で分けるのではない!です。

○分の1で分けるのが法律ですよと言われるときがあります。
しかし、ちょっと待ってください。それは本当に法律どおりの分け方でしょうか?

結論から言えば、半分合っていて、半分間違っています。

相続は、○分の1という「法定相続分」で分けるのが原則です。
そう、「原則」。
特殊な事情があれば、逆に「法定相続分」で分けると法律どおりの分け方になりません。

特殊な事情を考慮した相続分を「具体的相続分」といいます。
法律どおりの分け方というのは、この「具体的相続分」で分けることをいいます。

たとえば、亡くなった親に対する介護などの貢献は、いわゆる「寄与分」として、「法定相続分」を修正する特殊な事情となります。つまり、貢献した分、相続分が増えます。

亡くなった親からもらった生前贈与も、いわゆる「特別受益」として、「法定相続分」を修正する特殊な事情となります。
つまり、先にもらった分、相続分が減ります。

もう一度言います。

法定相続分で分けるのではない!

です。

貢献した分や先にもらった分を考慮せず、○分の1という割合で機械的に相続分を決めてしまう方が不公平です。

特殊な事情を考慮して初めて、法律どおりの相続を実現できるわけです。

口で言うと分かりにくいかもしれませんので、以下、具体例でご説明します。
相続人は子2人、遺産は1000万円の預金のみ、子Aが500万円の生前贈与をもらっており、子Bが500万円の介護貢献をしていたケースです。

子A=1000万円×1/2(法定相続分)=500万円

子B=1000万円×1/2(法定相続分)=500万円

子A={(1000万円+500万円-500万円)×1/2}-500万円=0円

子B={(1000万円+500万円-500万円)×1/2}+500万円=1000万円

つまり、法定相続分で単純に分けるものだと誤解した場合、子Aの相続分は本来よりも500万円多くなりますが、子Bの相続分は本来よりも500万円少なくなります。

全然違いますね。誤解って怖いです。

相続の正しい理解が大事

この3つのポイントを知っておくだけでも、なんだかよく分からないまま遺産分割協議書にサインしてしまうことを避けられます。
しかも、相続の基本に関することで、そこまで難しいわけではありません。

もちろん、さらに進んで相続のことを知っておくに越したことはありません。
他の相続人とやり取りするための知識をもっと身に着けたいという人は、

相続相談Q&A

相続弁護士コラム

をご参照ください。全て無料で提供しています。

あなたが形だけの円満相続で後悔せず、後悔しない「普通の相続」を実現することを祈っています。

もし話し合いの進め方で悩むことがあれば、遠慮なくご相談ください。一緒に解決策を考えましょう。

相続に強い相続専門の弁護士 東京相続法律事務所

スッキリしない相続ではなく、法律どおりの「普通の相続」にしませんか?

東京相続法律事務所は、遺産分割や遺留分請求を中心に、相続に特化した弁護士事務所です。百貨店ではなく専門店ですが、「本当に」相続に力を入れている弁護士をお探しの方はぜひご相談ください。

初回のご相談は無料で行っておりますので、相談希望の方は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。遠方の方でも、ウェブ会議でご相談いただくことが可能です。相談予約の方法や弁護士費用などの詳細は、公式ホームページをご覧ください。

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から1営業日以内にご連絡いたします。