特別受益と生前贈与

生前贈与なのに特別受益にはならないと反論する方法

特別受益と生前贈与
相続で、生活費の援助と死亡保険について、他の兄弟から「特別受益」だと言われています。相続分が減るらしいのですが、本当でしょうか。法定相続分で分けたいので、反論する方法をさくっと教えてください。
①生前贈与でも特別受益にならず、相続分を維持できるものがあります。

②生活費の援助は、扶養の範囲であれば、特別受益になりません。

③死亡保険は、原則として特別受益になりません。ごく一部のレアケースのみです。

ゲートウェイ東京法律事務所の代表弁護士の髙橋と申します。

ご依頼の9割以上が相続に関する案件で、特に遺産分割、遺留分請求、使い込み問題に力を入れている「相続に特化した弁護士」です。

今回は、【特別受益の主張に反論して相続分を維持したい人】に向けたお話になります。

もめないことが一番大事な人であれば、ここから先のお話には価値がありません。申し訳ありません。

しかし逆に、形だけの円満相続で後悔したくない人、キッチリした「普通の相続」を実現したい人であれば、これを知っておくだけで全く違います。難しい理屈を論じるときには弁護士が必要ですが、ポイントだけであれば、意外とカンタンなお話です。

生前贈与で相続分が減る?

相続において、○分の1で分けるのが法律ですよと言われるときがあります。
しかし、ちょっと待ってください。それは本当に法律どおりの分け方でしょうか?

結論から言えば、半分合っていて、半分間違っています。

相続は、○分の1という「法定相続分」で分けるのが原則です。
そう、「原則」。
特殊な事情があれば、逆に「法定相続分」で分けると法律どおりの分け方になりません。

特殊な事情を考慮した相続分を「具体的相続分」といいます。
法律どおりの分け方というのは、この「具体的相続分」で分けることをいいます。

亡くなった親からもらった生前贈与も、いわゆる「特別受益」として、「法定相続分」を修正する特殊な事情となります。つまり、先にもらった分、相続分が減ります。

そのため、親からお金をもらっていた場合、他の兄弟から特別受益だから相続分が減ると言われることがよくあります。

しかし、そもそも生前贈与=特別受益なのでしょうか?

答えは、ノーです。

全ての生前贈与が特別受益になるわけではありません。

特別受益にならない生前贈与もある

亡くなった人からの生前贈与が特別受益になるのであれば、法定相続分を修正します。

単純に〇分の1で分けるのではなく、もらった人の相続分は減り、もらっていない人の相続分は増えます。これを「特別受益の持ち戻し」といいます。

関連記事

特別受益の持ち戻しで法定相続分は変わる例えば2人の子供が相続人だったとして、遺産を2分の1ずつ分ければ平等と考えるかもしれません。しかし、片方が生前贈与で1000万円もらっていた場合、減ってしまった遺産を2分の1ずつ分けても[…]

特別受益の持ち戻し

しかし、生前贈与であれば、何でも特別受益になるわけではありません。

法律では、

「婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として」の生前贈与

が特別受益とされています((民法903条1項)。

逆に言えば、婚姻、養子縁組、生計の資本ではない生前贈与であれば、特別受益にはならないということです。

問題は、具体的にどのような生前贈与が特別受益になるかです。

特別受益になるかどうかの重要ポイントは、

遺産の前渡しなのか親の扶養の範囲なのか

です。

重要なのでもう一度言います。

遺産の前渡し→特別受益になります。

扶養の範囲→特別受益にはなりません。

特別受益にあたるかどうかは、生前贈与の金額や趣旨などから個別具体的に検討する必要があります。そして、それを裏付ける証拠を提出する必要があります。

特別受益かどうかでよく問題となるものは?

結婚式費用の援助

結婚式費用の援助を特別受益であるとした裁判例もありますが、考え方は分かれています。

しかし、金額が極めて高額だったり、相続人間に看過しがたい不均衡が生じたりしない限り、特別受益にはならないと考えるのが一般的です。

生活費の援助

亡くなった人の資力や保有資産にもよりますが、月数万円程度の生活費の援助は、原則として親の扶養の範囲となり、特別受益にはなりません。

援助期間が長期間に及び、積算すると多額になったとしても、あくまでも一つ一つの援助はいずれも扶養の範囲であり、特別受益になりません。

もっとも、1回の金額が大きい場合、その援助は単なるこづかいとはいえず、「生計の資本」としての特別受益になる可能性があります。

ケースバイケースではありますが、10万円~20万円を超えると、一般的には、扶養の範囲を超えてきます。そのため、特別受益になる可能性が高くなります。

お祝い金

新築祝いや入学祝など通常の援助の範囲内でなされたお祝いは、扶養義務に基づく援助(ないし冠婚葬祭)であり、特別受益にはなりません。

大学の学費の援助

昔はともかく、今は、大学への進学率が高くなっています。
特定の相続人に対する大学の学費の援助は、原則として親の扶養の範囲となり、特別受益にはなりません。

例外的に、私立大学の医学部など、入学金などが特に高額な場合には、特別受益になる可能性があります。

しかし、親が開業医で、後継者となることを親が希望していた場合には、特別受益にならない可能性が高くなります。実際、扶養の範囲とした裁判例もあります。

住宅購入資金の援助

住宅は生活の基礎となる財産ですし、援助の金額も大きくなるのが通常です。

住宅購入資金の援助は、「生計の資本」として、特別受益になるでしょう。

事業資金の援助

経営者にとって、事業は生計の基礎となり、援助の金額も大きくなるのが通常です。

事業資金の援助は、「生計の資本」として、特別受益になるでしょう。

ただし、金額がそこまで大きくなく、実質的には生活費の援助といえるのであれば、扶養の範囲となり、特別受益にはならないでしょう。

借金の立替払い

親が子の借金(債務)を代わりに支払った場合、本来、親は子に立替払い分を請求できます(これを「求償権」といいます。)。

しかし、立替分の請求をせずにそのまま放置していた場合、求償権の放棄=債務免除になります。それは、実質的に生前贈与や援助と変わりません。

立替えの金額が相当額であれば、「生計の資本」として、特別受益になるでしょう。

土地の無償使用

親の土地をただで使わせてもらうことは、厳密には贈与ではありません。

しかし、土地を使わせてもらう権利(使用役兼)には財産的な価値があります。

その分、土地の価額は減りますので、その価値相当額を贈与したと考えられます。

親の土地に自宅を建て、無償で土地を使わせてもらった場合が典型ですが、土地使用借権の贈与を受けたものとして、特別受益になります。

もっとも、土地をただで使わせてもらう代わりに親の面倒を見るという負担を負っていた場合、土地使用の利益と扶養の負担に対価関係が生じます。

このような場合、特別受益にならない可能性がありますし、「持ち戻し免除の意思表示」があったとも考えられます。

建物の無償使用

建物の場合、居住者を退去させるのは比較的容易です。

また、ただで使わせたとしても建物の価値が減るわけではありません。

さらに、遺産の前渡しというより、扶養の要素が強くなります。

そのため、土地とは異なり、建物の無償使用の場合、基本、特別受益になりません

もっとも、収益物件として賃貸している建物をあえてただで使用させたのであれば、特別受益になる可能性があります(考え方は分かれます)。

なお、親の実家に同居して家賃が浮いたとしても、相続人自身が独立に建物を占有しているわけではないので、そもそも受益がなく、特別受益にはなりません。

死亡保険金

死亡保険金は、相続人固有の権利として、相続人が保険会社からもらいます。

亡くなった人からの贈与ではないため、法的に特別受益にならないのが大原則です。

しかし、例外があります。

最高裁の判例は、保険金の受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生じる

不公平が到底是認することができないほど著しく不公平な場合

には、例外的に特別受益になるとしています(最決平成16年10月29日)。

そして、この例外にあたるかどうかは、
①遺産総額に対する保険金の割合
②同居の有無
③介護等での貢献
④相続人・被相続人同士の関係
⑤各相続人の生活実態

など様々な事情をトータルで判断します。

死亡保険が特別受益になると主張する人は、上記の事情を裏付けにより証明する必要があります。

一般的には、①遺産総額に対する保険金の割合が重要で、6割を超えると、特別受益になる可能性が高くなると言われています。

分かりやすく言えば、「めっちゃ多くの死亡保険をもらっている」と、特別受益になる可能性が高くなると考えておけば大丈夫です。

ただし、死亡保険金が特別受益になるのは極めて例外的なケースですので、「著しく不公平」のハードルは高いです。

死亡保険をもらった相続人の方は、基本、特別受益にならないというスタンスで大丈夫です。特別受益だと主張されても、慌てる必要はありません。

特別受益であっても持ち戻しが免除される?

なお、仮に特別受益になったとしても、特別受益の持ち戻しが免除され、相続分を維持できる場合があります。

亡くなった人が、持ち戻し免除の意思表示(民法903条3項)をした場合です。

簡単に言えば、

お金をあげた本人が相続分を減らさなくてもいいよと考えていた

場合です。

関連記事

私は、病気で働けなくなった時期があり、その時、父から生活費としてまとまったお金をもらいました。父が亡くなった後、他の兄弟から、生前贈与は「特別受益」になるから、私の相続分は減ると言われました。生前贈与とか大げさなことを言われても困るので、相[…]

持ち戻し免除の意思表示

つまり、まずは生前贈与が特別受益になるかどうかを検討し、特別受益にはなりそうだとしても、持ち戻し免除の意思表示があったのであれば、相続分は減らないということになります。

相続の正しい理解が大事

生前贈与なのに特別受益にならないものもあることを知っておくだけでも、何となくの感覚で相続分を減らすことを避けられます。

しかも、「特別受益にならない生前贈与もある」という意識を持っていればいいだけですので、そこまで難しいわけではありません。

もちろん、さらに進んで相続のことを知っておくに越したことはありません。
相手とやり合うための知識をもっと身に着けたいという人は、

弁護士が答える相続問題Q&A

法律相談コラム

をご参照ください。もちろん、全て無料で提供しています。

あなたが形だけの円満相続で後悔せず、「普通の相続」を実現することを祈っています。

もし話し合いの進め方で悩むことがあれば、遠慮なくご相談ください。一緒に解決策を考えましょう。

品川 相続 弁護士

スッキリしない相続ではなく、キッチリした「普通の相続」にしませんか?

ゲートウェイ東京法律事務所は、遺産相続に特化した弁護士事務所です。そのため、ご依頼の9割以上が相続に関わる案件となっています。
遠方の方や外出しづらい方の相続問題にも対応するため、電話相談・オンライン相談を無料で行っています。相談希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

相談予約の方法や弁護士費用などの詳細は、公式ホームページをご覧ください。


もめない相続が一番大事な人は見ないでください!

遺産分割で絶対後悔したくないあなたへ

遺留分請求で絶対後悔したくないあなたへ

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。