TAG

法定相続分

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

遺留分と法定相続分についての誤解

法定相続分と遺留分は似ているようで違います。「正しい遺留分」を請求するためには、遺留分についての正しい理解が必要です。以下では、誤解しがちな法定相続分と遺留分の違いを解説します。 法定相続分とは? 遺言などで遺産の分け方を決めていない場合、最終的に誰がどれだけ遺産を取得するかを決める必要があります。話し合い(遺産分割協議)でまとまれば問題ありませんが、まとまらない場合には、何らかの形で遺産の分け方 […]

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

初心者でも分かる遺留分計算の基礎

「正しい遺留分」を請求するためには、遺留分と遺留分侵害額を正しく計算する必要があります。しかし、遺留分を法定相続分と誤解していたり、法定相続分×1/2とだけ覚えていたりする人も多く、「正しい遺留分」を請求できていないケースが散見されます。以下では、初心者でも分かる遺留分計算の基礎を解説します。 遺留分の計算方法 遺留分の計算式 遺留分は、以下の計算式で計算します(民法1042条)。 通常の場合「遺 […]

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

押さえておきたい遺留分の基礎知識

遺留分とは? 遺留分とは、「遺言でも奪えない」相続人の最低限の取り分をいいます。 遺言書が残されている場合、遺言書の内容に従って遺産を分けます。たとえ不公平な遺言書であったとしても、遺産の分け方自体は決まります。しかし、相続した遺産が遺留分に満たない場合には、多くの遺産を相続した相続人から遺留分まではもらえます。もし遺言書で何ももらえなかったのであれば、生前贈与で先にもらっていない限り、遺留分を満 […]

  • 2020年9月23日
  • 2021年4月2日

兄弟からの寄与分の請求に理屈と計算で反論する方法

親と同居していた兄が、親の介護を理由に、遺産のほとんどをもらうと言っています。多めに相続する分には構わないのですが、ほとんどというのはさすがに納得できません。ただ、感情的な対立は嫌ですので、理屈で反論する方法をわかりやすく教えてください。 ①親の介護をすれば、なんでも寄与分になるわけではありません。一定の要件をクリアする必要があります。 ②一般的には、介護報酬基準の報酬単価をベースに寄与分を算定す […]

  • 2020年9月22日
  • 2021年4月2日

親の介護を「寄与分」にして相続分を増やす方法

現在、遺産分割の話し合いをしています。他の兄弟は法定相続分で分けることを希望していますが、私はずっと父の介護をしてきたので、多くもらうのが当然だと思います。寄与分を主張して相続分を増やす方法をわかりやすく教えてください。 ①あらゆる貢献が寄与分になるわけではなく、一定の要件をクリアする必要があります。 ②話し合いでまとまらない場合、「寄与分を定める処分」を家庭裁判所に申し立てる必要があります。 ゲ […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

特別受益にならない生前贈与だと反論して相続分を維持する方法

相続で、生活費の援助と死亡保険について、他の兄弟から「特別受益」だと言われています。相続分が減るらしいのですが、本当でしょうか。法定相続分で分けたいので、反論する方法をわかりやすく教えてください。 ①生前贈与でも特別受益にならず、相続分を維持できるものがあります。 ②生活費の援助は、扶養の範囲であれば、特別受益になりません。 ③死亡保険は、原則として特別受益になりません。ごく一部のレアケースのみで […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

「特別受益の持ち戻し」で他の兄弟の相続分を減らす方法

父の相続で遺産分割の話し合いをしていますが、兄は法定相続分で分けようと言っています。しかし、兄は、自宅を買う際、父から2000万円をもらっています。不公平なので、兄の相続分を減らす方法をわかりやすく教えてください。 ①「特別受益の持ち戻し」により、自宅の購入代金をもらっている兄の相続分は減るのが原則です。 ②父の「持ち戻し免除の意思表示」があれば、例外的に、兄の相続分は維持されます。 ゲートウェイ […]

  • 2020年8月9日
  • 2021年4月2日

納得できない遺産分割協議書に理屈で反論する方法

兄に相続の手続を任せていたところ、いきなり税理士から遺産分割協議書が送られてきました。しかし、マンションの評価額が低い気がしますし、兄の生前贈与を考慮しないのは不公平だと思います。このままでは納得できませんので、理屈で反論する方法をわかりやすく教えてください。 ①納得できない遺産分割協議書に対する反論のポイントは、不動産の評価額、生前贈与、寄与分の3つです。 ②遺産分割と相続税申告では、不動産の評 […]

  • 2020年4月5日
  • 2021年4月2日

相続を法律どおりに行うための3つのポイント

ゲートウェイ東京法律事務所の代表弁護士の髙橋と申します。 ご依頼の9割以上が相続に関する案件で、特に遺産分割、遺留分請求、使い込み問題に力を入れている「相続に特化した弁護士」です。 今回は、 【相続を法律どおりにやりたい人】 に向けたお話になります。 もめないことが一番大事な人であれば、ここから先のお話には価値がありません。申し訳ありません。 しかし逆に、形だけの円満相続で後悔したくない、キッチリ […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。