TAG

相続手続

  • 2021年2月14日
  • 2022年1月5日

健康保険・介護保険の死亡手続と必要書類を調べる方法

親が亡くなったとき、健康保険や介護保険の被保険者としての資格を失います。資格喪失の手続が必要ですが、やることは決まっていますので、役所に聞きながら自分でできます。以下、簡単な手続内容の説明と手続の調べ方を解説します。 国民健康保険の相続手続(資格喪失) 相続手続の内容 役所に資格喪失届を提出し、健康保険証を返却します。なお、喪主となった相続人には「葬祭費」が支給されますので、資格喪失手続の際、確認 […]

  • 2021年2月11日
  • 2022年1月5日

自分に必要な相続手続だけを効率的に調べる方法

相続手続を自分でやるためには、細かい手続の内容以前に、そもそもどこでどのような手続をすればいいかを知る必要があります。しかし、様々な相続手続をやみくもに調べるのは効率が悪く、自分に必要な手続だけを取り出し、ピンポイントで調べた方が楽です。 今回は、相続の手続を進めるための準備段階として、自分に必要な手続だけを調べる方法をお話します。 基本的な考え方 残された遺産から手続を逆算することで、自分に必要 […]

  • 2021年1月31日
  • 2022年1月12日

相続の手続を代行費用をかけずに安く済ませる方法

相続問題を取り扱っていると、相続の手続に関するご相談を受けることがあります。手続自体は決まったとおりにすれば足りるのですが、たくさんある手続を前に尻込みしてしまう方も多いようです。そこで、今回は、自分で相続手続をするための思考方法をお話します。 相続の手続は自分でできる! 相続が始まると、様々な手続が必要になります。死亡届、健康保険・介護保険の資格喪失手続、遺族年金の手続、戸籍謄本の収集、預金・株 […]

  • 2020年8月9日
  • 2022年1月5日

認知症だと相続できない?成年後見人の手続や費用は?

先日、妻の親が亡くなりました。しかし、妻は認知症で、何も判断できない状態です。遺産分割協議などの相続手続はどのようにすればいいのでしょうか。 相続では成年後見人が必要な場合がある 成年後見人とは、認知症などで判断能力を失った人の代わりに法律行為を行うため、家庭裁判所に選任される人のことをいいます。 判断能力がない状態だと、たとえ本人がサインしたとしても、売買などの法律行為は無効とされてしまいます。 […]

  • 2020年4月7日
  • 2022年1月9日

「形だけの円満相続」で失敗しないための3つのポイント

円満相続の落とし穴 相続が始まると、時には、事前に用意しておいた遺産分割協議書をその場の流れでサインさせようとしたり、いきなり郵便で送りつけてサインさせようとしたりする相続人が出てきます。 そのままサインすれば、当然、もめることはありません。しかし、そのような円満相続はハッピーでしょうか。 その遺産分割協議書の内容が不公平だったら?もめはしませんが、みんながハッピーでしょうか?ハッピーなのは、サイ […]

  • 2020年4月6日
  • 2022年1月9日

争族を避け、本当の円満相続を実現する3つの方法

ポイント1:決めつけるのは最後の最後 1つ目のポイントは、「決めつけるのは最後の最後」です。 相続の大きな特徴は、肝心の人が亡くなっているため、正確な事実関係がよく分からないことです。そして、よく分からないことは、憶測で決めつけてしまいがちです。 しかし、憶測で決めつけてしまうと、当然、相手の感情を害する可能性があります。冷静な話ができなくなると、たとえ法律のルールであっても素直に受け入れられず、 […]

  • 2020年4月6日
  • 2022年1月9日

相続で失敗しないための遺産相続の流れと手続

フェーズ0:「公平な相続」を実現するために 「公平な相続」を実現するためには、相続の流れとやるべきことを正しく把握しておく必要があります。もっとも、専門家のように、細かいところまで理解していなくても大丈夫です。ポイントを絞って把握するだけでも、「公平な相続」に近づくことができます。 以下は一つのモデルケースですが、ポイントを押さえておくだけでも役に立ちます。 フェーズ1:「相続承認」リスクへの対応 […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から1営業日以内にご連絡いたします。