TAG

自筆証書遺言書保管制度

  • 2020年8月9日
  • 2020年9月6日

「遺言書の検認」の申立方法・申立費用・手続の流れは?

父が亡くなり、遺品の整理をしていたら、遺言書と書いてある封筒を見つけました。中身を確認したいのですが、「検認」という手続が必要と聞いたことがあります。どのような手続でしょうか。 手書きの遺言書には「検認手続」が必要 自筆証書遺言とは、被相続人(亡くなった人)が手書きで書いた遺言のことをいいます。 公証役場で作る遺言は公正証書遺言といいますが、大きな違いは、自筆証書遺言の場合、家庭裁判所における「遺 […]

  • 2020年7月11日
  • 2020年10月13日

法務局における自筆証書遺言書保管制度と費用

2020年7月10日、法務局で遺言書を保管する新しい制度がスタートしました。手書きの遺言書を法務局で保管しますので、遺言書の保管という面では、公証役場を利用する必要がなくなります。 今回は、新しくスタートした「法務局における自筆証書遺言書保管制度」を解説します。 法務局における自筆証書遺言書保管制度とは何か 遺言書は、大きく分けて公正証書遺言(公証役場で作成する遺言書)と自筆証書遺言(手書きの遺言 […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年10月13日

遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システム

遺言書がある場合、遺言書に従って遺産を分けるのが原則です。そのため、相続が開始したら、遺産分割の話し合いをする前に、遺言書の有無を調査・確認する必要があります。 今回は、遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システムについてお話しします。 遺産分割の前にまずは遺言書を探す 相続が始まると、遺産の分け方を決める必要があります。これを遺産分割といいます。しかし、遺言書で分け方が決まっている遺産につ […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。