TAG

遺留分侵害額請求

  • 2020年11月3日
  • 2021年1月4日

遺留分は誰を相手にいくら請求できる?順序は?

遺留分を請求する相手方は誰? 遺留分が侵害されている場合、侵害額をお金で請求できます。誰に請求するか(請求する相手)が問題になりますが、民法1046条では以下のように定められています。 (遺留分侵害額の請求)第千四十六条 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金 […]

  • 2020年11月3日
  • 2020年11月3日

「正しい遺留分」を計算・請求するための5つのポイント

遺言書の内容が不公平だった場合、遺留分の請求ができるかどうかを検討します。しかし、相続税評価額をそのまま使ったり、生前贈与に気が付かなかったりすると、そもそも遺留分の計算が間違っており、「正しい遺留分」を取り戻せない可能性が高いです。 今回は、「正しい遺留分」を計算・請求するための5つのポイントをお話しします。 ポイント1:預貯金口座を徹底的に調べる 生前贈与も遺留分の計算に反映する必要がある 弁 […]

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

遺留分の請求期限は1年!時効に要注意

遺留分の請求には期間制限がある 遺留分は、法律で認められた相続人の最低限の取り分です。被相続人(亡くなった人)の意思でも奪えない法的な権利ですので、たとえ不公平な遺言書があっても、最低限、遺留分までは請求できます。しかし、いつまでも請求できるわけではなく、放置していると時効にかかって請求できなくなります。 遺留分の期間制限は、民法1048条において、以下のように定められています。 (遺留分侵害額請 […]

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

押さえておきたい遺留分の基礎知識

遺留分とは? 遺留分とは、「遺言でも奪えない」相続人の最低限の取り分をいいます。 遺言書が残されている場合、遺言書の内容に従って遺産を分けます。たとえ不公平な遺言書であったとしても、遺産の分け方自体は決まります。しかし、相続した遺産が遺留分に満たない場合には、多くの遺産を相続した相続人から遺留分まではもらえます。もし遺言書で何ももらえなかったのであれば、生前贈与で先にもらっていない限り、遺留分を満 […]

  • 2020年11月2日
  • 2020年11月3日

新しくなった遺留分の制度と注意点

2018年の相続法改正 2018年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」が成立し、約40年ぶりに相続法が大改正されました。従来、遺留分減殺請求だった遺留分の制度も大幅に変わり、「遺留分侵害額請求」という制度になりました。請求する内容自体が変わるため、今後は、請求する側もされる側も新しい制度に対応する必要があります。 遺留分減殺請求の問題点 従来、遺留分の制度は「遺留分減殺請求」と […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。