TAG

遺言書

  • 2020年8月9日
  • 2020年9月6日

父の相続でもらわなかった分を母の相続で多くもらえるか?

父の相続と母の相続は別問題 父の相続の時、母と長男が多くを相続し、自分はあまりもらわなかったということがあります。遺産の中心が自宅不動産の場合、法律上の相続分にこだわらず、そこに住んでいる母に自宅不動産を相続させることはありそうな話です。 しかし、もし母の相続の時に多くもらうことを期待したならば、それは注意が必要です。父の相続と母の相続は別問題であり、父の相続の時にあまりもらわなかったからといって […]

  • 2020年7月11日
  • 2020年10月13日

法務局における自筆証書遺言書保管制度と費用

2020年7月10日、法務局で遺言書を保管する新しい制度がスタートしました。手書きの遺言書を法務局で保管しますので、遺言書の保管という面では、公証役場を利用する必要がなくなります。 今回は、新しくスタートした「法務局における自筆証書遺言書保管制度」を解説します。 法務局における自筆証書遺言書保管制度とは何か 遺言書は、大きく分けて公正証書遺言(公証役場で作成する遺言書)と自筆証書遺言(手書きの遺言 […]

  • 2020年5月25日
  • 2020年10月13日

遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システム

遺言書がある場合、遺言書に従って遺産を分けるのが原則です。そのため、相続が開始したら、遺産分割の話し合いをする前に、遺言書の有無を調査・確認する必要があります。 今回は、遺言書の有無を調査・確認する方法と遺言検索システムについてお話しします。 遺産分割の前にまずは遺言書を探す 相続が始まると、遺産の分け方を決める必要があります。これを遺産分割といいます。しかし、遺言書で分け方が決まっている遺産につ […]

  • 2020年4月6日
  • 2021年4月2日

争族を避け、本当の円満相続を実現する3つの方法

ゲートウェイ東京法律事務所の代表弁護士の髙橋と申します。 ご依頼の9割以上が相続に関する案件で、特に遺産分割、遺留分請求、使い込み問題に力を入れている「相続に特化した弁護士」です。 今回は、 【形だけの円満相続ではなく、本当の円満相続を実現したい人】 に向けたお話になります。 もめないことが何よりも大事な人であれば、ここから先のお話には価値がありません。申し訳ありません。 しかし逆に、形だけの円満 […]

>お問い合わせフォーム(24時間受付)

お問い合わせフォーム(24時間受付)

ご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。担当者から24時間以内にご連絡いたします。